カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 着物のお仕立てについて



弊社では、お仕立てを信頼のおける京都の加工屋さんへお願いしております。

きもの

・袷仕立て(着用シーズン 10月〜5月)
お選びいただいた反物に胴裏、八掛を付けてお仕立いたします。

・単衣仕立て (着用シーズン6月〜9月)
お選びいただいた反物に衿裏(広衿の場合)を付けてお仕立いたします。
居敷当をご要望の方はお申し付けください。
 ※居敷当…夏物の着物は透ける素材も多いため腰廻りから下に居敷当(絹布)をお付けすることもできます。
近年、5月・10月に暑い日が多い為、単衣を着る時期が増えております。


きもの部分名称










広衿とバチ衿とは?

広衿(ひろえり)は着物を着付けるときに半分位に衿を折って着ます。
その為、お好みで衿幅を調整することができ、襟元がふっくらとしてきれいです。
広衿仕立てには衿裏がつきます。
弊社ではお着物のお仕立てには通常広衿仕立てをおすすめしております。

一方、バチ衿は最初から衿を折った状態で仕立ててあります。
最初から形が出来上がっておりますので着付けが楽です。
バチ衿には衿裏は使用しません。
当店では通常、襦袢や浴衣のお仕立てにバチ衿をおすすめしております。
 

コートの衿型

道行衿                 被布衿


道中着衿(広衿、バチ衿)