カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
オンライン限定セール:西陣御召(四季の花)/名古屋帯(吉野間道)
298,000円(税込327,800円)
各オプションの詳細情報
お買い上げ金額合計
購入数

オンライン限定セール:西陣御召(四季の花)/名古屋帯(吉野間道)
298,000円(税込327,800円)
オンライン限定セール(お仕立て上がり)

京都帛撰御召「四季の花」 通常価格表地のみ240.000円(税別)
京都名物裂あらいそ謹製名古屋帯「吉野間道」 通常価格表地のみ86.000円(税別)

オンライン限定の特別価格です。
全て京都にて職人さんの手仕事にて作られた商品ばかり…。
そして逸美好みにコーディネートされた着物と帯です。

着物は京都西陣にて織られた御召(おめし)です。御召の由来は江戸時代に十一代将軍家斉が好んで着用したことに始まります。お召には「撚糸」(よりをかけた糸)が使われており、右撚りの糸と左撚りの糸が同数入っています。糸の撚りによってできるシボの高さが一定であることで、着用した時の裾の「さばき」が良いです。
軽く、裾さばきもよいお召は本当に着ていて心地よい着物です。
こちらのお召しは経糸にベージュ、緯糸にグレーの糸を使い織られています。
織上がったのは柔らかな明るい色です。
「よろけ縞」の地紋の中に「四季の花」が織り込まれています。
後から染めたのではなく柄を織り込まれているところは織物の本当に素晴らしいところです。

帯は茶道具としても有名な名物裂「吉野間道」です。
「間道」とは縞模様のことを言います。「吉野」の名前の由来は寛永年間、京都の豪商であった灰屋紹益が島原の名妓「 吉野 」太夫に贈った名物裂に由来しています。
お茶席にぴったりの装いとなりました。

※商品の色について※
HP上の商品の色は可能な限り現品に近づけてはおりますが、パソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
また、一部商品を除き、ご購入前に商品をお手元にてご確認いただけくこともできますので、ご希望の方は下記のリンク先をご確認いただき、ご連絡ください。
ご購入前の「商品ご確認サービス」について
※八掛はお色をお選びいただけます。
※帯のお仕立ては「名古屋仕立て」です。
この商品を購入する