カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
ホームスパン 植田紀子「八枚綜絖格子」
31,000円(税込34,100円)
各オプションの詳細情報
お買い上げ金額合計
購入数

ホームスパン 植田紀子「八枚綜絖格子」
31,000円(税込34,100円)
「ホームスパン」とは羊の毛を天然染料で染め、手で紡ぎ、手織りで仕上げた毛織物のことをいいます。

日本の毛織物の歴史は明治時代に軍服に使用するために輸入したのが始まりとされています。
当時、英国に風土が似ている北海道や岩手、長野などで羊を飼い始めました。

英国で生まれた「ホームスパン」が岩手に根付いたのは、移住してきた宣教師が地元の人々に教えたのが始まりと言われています。のちに民芸運動を推進した柳宗悦氏とも親交の深かった染織家「及川全三氏(おいかわぜんぞう)」が、農家の副業であった「ホームスパン」を広めたいと、天然染料の研究、織の技術の研究をすすめ、
「岩手の工藝」としての価値を高めました。

「ホームスパン」の魅力に取りつかれた植田紀子さんは、裏と表が全く違う柄となる「八枚綜絖格子」を復元なさった偉大な方です。植田さんのマフラーは毛織物独特の「チクチク」感が全く!ありません。ふんわりと柔らかく温かな空気を纏っているような印象です。

植田紀子さんプロフィール
・1975年 岩手大学卒業
・1977年 織物作家の元でホームスパンを始める
・1980年 デンマーク王立スカルス工芸学校入学
・1981年 帰国後、工房を設立
・1984年 染織教室を開始
・2003年 高島屋にて個展開催
・2009年 岩手「光原社」にて個展開催
・2018年 きものサロン逸美にて個展開催
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ueta-homespun/より

100%天然染料使用
ログウッド・くるみ

24cm×140cm(両端フリンジ部分+6cm)

※商品の色について※
HP上の商品の色は可能な限り現品に近づけてはおりますが、パソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
また、一部商品を除き、ご購入前に商品をお手元にてご確認いただけくこともできますので、ご希望の方は下記のリンク先をご確認いただき、ご連絡ください。
ご購入前の「商品ご確認サービス」について

※実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いた時点で売り切れの場合がございます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


この商品を購入する