芝崎圭一さん制作 紬訪問着

藍染「格子 熨斗目」
群馬県、伊勢崎市の工房にて、染織をされている柴崎圭一さんの作品です。

柴崎さんの紬は座繰り(ざぐり)と呼ばれる糸作り、天然染料による染め、手機による織、全てが手仕事のものです。
「座繰り」とは、繭から糸を手繰り(たぐり)ながら巻いていくこと。
ゆっくりと力をかけずに引き、手間をかけ、良質の糸が作られます。
80個〜200個の繭から糸を引く段階から目的の織物にふさわしい糸作りを考えられています。
こだわりの糸により丁寧に織られた織物は適度な伸縮性があり、シュッとした凛々しさのようなものを感じます。
着る方の身体に寄り添い、絹本来の艶を発する美しい逸品です。

※商品の色について※
HP上の商品の色は可能な限り現品に近づけてはおりますが、パソコン、OS、ディスプレイ(モニター)により色味が異なる場合がございます。何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
また、一部商品を除き、ご購入前に商品をお手元にてご確認いただけくこともできますので、ご希望の方は下記のリンク先をご確認いただき、ご連絡ください。
ご購入前の「商品ご確認サービス」について

※実店舗でも商品を販売しておりますので、お申込み頂いた時点で売り切れの場合がございます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

販売価格 437,800円(税込)
お買い上げ金額合計

SOLD OUT

About the owner

きものサロン 逸美

高崎市にある着物のセレクトショップです。
小さなサロンですが、女性店主ならではの目線で、本物志向の品揃えと上品なコーディネート、丁寧なお手入れサービスを心がけています。お気軽にお問合せくださいませ。
きものサロン逸美HP

Top